--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-06

夏ですし、合戦でもしますか

本日のしらす
しらす2

エリンギは厚紙くらいの薄さにきる橘りっかです。

今日は「サマーウォーズ」観てきました。
前作の「時をかける少女」もすごく好きでしたが今回も期待以上に楽しめました。

CM見て勝手に世界が危ない時に非現実的な能力のある親戚一同がどうにかしてくれるという内容かと
思ってたんですがそんなことは無く。
ギリギリ現実にいそうな人達が自分にできることを最大に活かして、一人じゃ無理なことに立ち向かう
今の自分に渇を入れられるような、そんな映画でした。

私の後ろに座ってた人は随所で「スゲー」「カッコイー」とポロポロ声が出ていて最後に「良かった」
とポソっと言ってました。
声には出さなかったけど私も同じことを思いました。
そんな映画。
スポンサーサイト

テーマ : サマーウォーズ
ジャンル : 映画

2008-12-10

かなり強烈な風刺映画

マインスイーパーの上級がクリアできない……橘りっかです。

WALLE(ウォーリー)観てきました。
正直あんまり期待していなかったんですが、良かった!
映画観終わった後、6000円以上するウォーリーのフィギアが欲しくなるほどに!(ボタン押すとしゃべる)

人間がゴミだらけになった地球を捨てて700年。ずっと一人でゴミを片付けていたロボットの話なんですが。
姉は「設定ありきたりやねー」と言ってましたが、私的にはこの設定だけで涙腺ゆるむ…。
ヒロインが死ぬより切ないと思うんだが。

吹き替え版を観たのですが、
ロボットほとんどしゃべらないし機械語(?)ばっかで何いってんのかよくわかりません。
ヒロインのロボットは「イヴ」って言うんですが「イーファ」だと思ってました。

ストーリーは王道というか、ものすごいどんでん返しがあるわけじゃ無いんですが、
何が一番驚いたってイヴが超短気で破壊神なツンデレということです。
ウォーリーは予想通り素直で可愛かった、萌えた。

所々、宇宙でそりゃねぇよ!と、ツッコミたくなる箇所はありましたけど、
ま、ディズニーですから。なんでもありですよ。
キスで死人も生き返るよ。

なんかもう人間なら全員に観てほしい映画でした。
カップルで行くのもいいですが、まだ付き合ってない二人で観に行くとカップル成立しやすいんじゃないかな。

ゴミの分別はちゃんとしないとなぁと思わせられる映画でした。
エコエコリサイクル。



テーマ : ディズニー映画
ジャンル : 映画

2008-10-14

私が記事を書くといっつもエラーになるこの呪い…心が折れる

うちのパソコンもそろそろ死の香りがただよっていますよ橘りっかです。


結構、前なんですが「インディージョーンズ クリスタルスカルの都」をみました。
もう映画館では上映終了しとりますね、いつの話や。

少しネタバレがあるので絶対なんの先入観も無いままでみたいという方は読まないでください。
そこまでメインのネタバレでもないですが。


                         ↓

                         ↓

                         ↓

                         ↓

                         ↓

                         ↓

                         ↓

                         ↓

                         ↓

                         ↓

                         ↓ 
 
                         ↓

                         ↓ 

                         ↓


今回、インディ先生の息子が出てきます。
はじめに出てきた時は親子であることを知らないんですが、
この息子、最初と最後ではなんか違います。
何が違うかというより、先生の息子であることを自覚する前と自覚した後でなんか違います。
「あーオレはこの人の血が流れてるんだな…」と意識した時から思考やら行動やらにキレが出てきます。
DNAがどうのこうのという、ややこしいことよりも自分の血を意識するとこうも人は変わるんだと。



で、話は変わりますが、私は脚本家志望です。
また特殊で無謀なものを目指していますが、もしかしたらという期待を持ってしまう理由にうちの両親がいます。

私の両親はどちらもとんでもなく強く、濃いいオーラを放ってます。
子どもの私からみても何を食べたらそうなるんやねんというような二人です。
そんな両親の血を引いてるんだから私が脚本家になったって全くおかしくないはず、とか考えてしまうんです。
はたから見たら、なんじゃそりゃーなんの根拠も無えーな話ですが、
それは私が自分の血をすごく誇りに思っているからこそなんだなぁと映画を観ながら思ってました。

じゃあ私がいつか親になった時に私の子どもは私のことを誇りに思ってくれるだろうか、と考えたら
微妙ですね。今のままだと。
脚本で芽が出るかも分からないし、その時どうやって食べてるか分からないし、
部屋は汚いし、料理は適当だし、家計簿つけてないし。
それで私を誇れという方が難しい。

いつか親になれるかどうか分からないけど、
子育ては子どもが出来る前から始まってるんだな…と思う今日この頃でした。


テーマ : インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
ジャンル : 映画

2008-01-03

年賀状…一枚も書いてない…

疲れて寝てたらいつの間にか年を越していた橘りっかです。


正月早々、映画観てきました。前から気になっていた「アイ・アム・レジェンド」
この映画に出てくるシェパードがうちの犬にそっくりでもう可愛いっ!!!!!
こりゃ観に行かんとねっ。

人類が絶滅してしまって、ニューヨークで一人生き残った男と一匹の犬の話。

誰も居なくなったニューヨークの街のセットがすごかった。
CGなのかセットなのか分からないけど。

この映画を観て思ったことは、もし自分が世界で一人になったとき
こんなにも規則正しく生活が送れるだろうか…だった。

主人公は毎日、決まった時間に起きて日課を済ませて筋トレして食料集めて、畑を耕してる。
部屋もキレイだし、レンタルしてきたDVDは毎日返しに行く。

私だったら昼まで寝て、明日できることは明日して、筋トレは気が向いたら。
なんど自給自足こころみても畑は枯らして、食料は無計画に食べて底をつき、部屋が汚れたら違う家に移り
家には借りっぱなしのDVDの山ができているだろうな…。

誰にも見られていなくても、誰に頼まれるわけでも、誰に怒られることがなくても、
自分のためにキチっとする。
この主人公の品格は本物なんだ…と脱帽。

私も一応、自分を品格のある人間に育てようと心がけていたつもりだったけど
そんなもの家に一歩入ったら即効、パジャマになるような薄っぺらいものだった。

自分のためのつもりが結局、人の目がなければピシッとできない
他人に良く見られようとするつまらない見栄だったんだと思いしらされた。

難しいけど、今年は「アイ・アム・レジェンド」の主人公みたいに
自分のための品格を養っていける人間になるのが目標。


どんなに忙しくてもやっぱりたまには映画観に行かないとなー。
映画はカッコ良く生きる見本の宝庫だ。

テーマ : アイ・アム・レジェンド
ジャンル : 映画

2007-10-27

ズビズバー

「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て参りました。
もうすぐ続編が出ることで映画館でまたやってまして。

観に行くまでは正直、全く期待していなかったんです。
あらすじ読んでもただ昭和の古き良き時代がうんぬんとしか書かれてないし。
で、笑えるの?泣けるの?どんな話なの?と思ってたんです。

あぁぁぁぁぁ本当にごめんなさいっっ!
こんなにっ!こんなにいい作品だったなんてっ。
暖かいやら切ないやらを全員集合~!させた作品でした。

そら、あらすじなんてハッキリ書けないよな。
コレ!といった事件が起きるわけでもないのにもう画面にかじりつき。

映画を観ていて鼻水たらすほど泣いたのは「名犬ラッシー」以来だが
あれは動物ものなので別カテゴリーな。

あの観終わった後の心地良い布団にくるまったような感覚…暖けぇよぉ。
しばらく涙が止まらなかった…。

私も脚本家を目指すなら、観た人がこんな心地良さに浸れるものを書きたいな。

もうすぐ続編が出ますが、どうかあの医者の先生に救いがあってほしい。
もう、先生のエピソード出てから、登場するたびに涙が…。

テーマ : ALWAYS 続 三丁目の夕日
ジャンル : 映画

2007-10-25

「象牙の印鑑やるよ!一生ものだぞ」

「サウスバウンド」を観てまいりました。

なんか眠くなるという他の人の情報に惑わされ期待せずに行ったら
なかなか私好みな感じで良かった。

自分が納得のいかないことは死んでもしない自由な父親と
そんな父の良き理解者の母、
そんな両親を割りと冷静に傍観する小学生の兄と妹。

話全体にゆるい空気が流れているので眠くなったら
会話中にチラホラみれる名言や小ネタをスルーしてしまう。

かなり極端な父親(豊川悦司が好演!)の話ですが、すごく大事なことを
子供に教えている。
だいたい映画や漫画の主人公なんて極端じゃなきゃお話にならないわけだし。

こうやって子どもは親の背中を見ながら成長していくのだな…。
だから親は猫背なんか子供に見せちゃならないんだ。
私も昔よりは猫背がなおった方だけど、いつか子どもができるまでにもっと
背筋まっすぐにして歩けるようにならないとな。


そういえば「漫画やゲームの内容が子どもに悪影響をおよぼす」というとを
子どもが事件起こしたりするとたまに聞くけど
子どもが字を読めるようになるまでに

なにが良くて、なにが悪いか。
なにがカッコ良くて、なにがカッコ悪いか。

それを間違えずに判断できるよう育てるのが親の役目だと思う。
その良し悪しのフィルターが出来ていれば
漫画読んで悪に憧れましたとか、ゲーム感覚で人を殺しましたなんてことは無くなると思う。
まぁ子育てしたことが無いので、それが出来たら苦労せんわって話ですが。

この「サウスバウンド」の小学生兄妹はその良し悪しフィルターがちゃんと
出来上がっている。
だから両親の良いところは誇りに思い。
悪いところは見習わないとハッキリ判断していて好感が持てる。

この小学生…精神的に自立できてる…。
両親も子どももお互いを信用しているからこそ、あの終わり方が出来たんだな…。

でないと両親、最悪やで。





テーマ : ミニシアター系
ジャンル : 映画

2007-10-21

私てきにはR-15指定でも良かったと思うな…

「パンズ ラビリンス」を観てまいりました。

観た人の感想は皆、グロイやらキモイやらだったのですが
怖いもの観たさってやつですか…人のさがです。

PG-12(12歳以下は保護者同伴が望ましい)なので大丈夫だろうと……。
「パフューム」とかギリギリ観れたし。

そしてしっかりトラウマになりました。
こらキツイはっ!お子さんが観たら泣いてまうわっ!

私、いきなり撃つとか刺すとかすげぇ苦手なんですよっ!
痛い痛いっ!!
化け物のデザインは斬新でわりと好きでした。
私の頭には無いわーああいうの。

観終わった後はすごい頭痛がしてバ○ァリン飲んで寝てました。
なんかものすごく夢も希望も絶たれるファンタジー…。

私がそんな大ダメージを受けたのに
さっき「スマステーション」の「月イチゴロー」のコーナーで
1位とってやんの。

あぁそんなに大プッシュしたら…
明日の映画館は行きは良い良い、帰りは怖い状態にっ!

さぁーー皆でレッツ トラウマっ!!

テーマ : パンズ・ラビリンス
ジャンル : 映画

プロフィール

トミー

Author:トミー
3度の飯よりチャイナ服が好き。
ド肝抜くほど不器用ながらチャイナ服を作ってみようと思いたつ。
いつかチャイナ服を着てる人がその辺を普通に歩いてる時代がくると信じている。
愛描の名はしらす。
普段は花屋の見習いバイト。
最近は生活苦から懸賞をはじめる。
ブログランキング参加中

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。